◎京都市バスおもてなしコンシェルジュって?

市バスおもてなしコンシェルジュ一同

概 要

 京都市バスおもてなしコンシェルジュは、市民のみなさまや国内外から京都を訪れる多くの観光客のみなさまに、市バスを快適にご利用いただくため、“おもてなし”の心に溢れたお客様サービスを提供します。

 京都市交通局協力会の職員と、留学生を含む、語学に堪能な京都市内の大学生スタッフが中心となり、京都駅や市内の観光地等で市バスの案内を行っています。

  1. 期間
    春・秋の観光シーズン、ゴールデンウィーク期間、祇園祭等の祭事や京の七夕等のイベントの開催日(年間80日程度(平成27年度は40日程度))

  2. 場所
    京都駅前バスターミナルを中心に、清水寺・金閣寺等の主要観光地最寄りのバス停やイベント会場等

  3. 主な活動内容
    • 外国語や京都観光のエキスパートによる案内
    • モデルコースの紹介など、きめ細かな交通案内
    • タブレット端末を用いたわかりやすい案内
    • 思い出づくりのお手伝い(ポラロイドカメラによるお客様の記念撮影など)
    • 市バス・地下鉄事業のPR活動

ロゴマークについて

ロゴマーク
ロゴマーク

【コンセプト】

  • 上部のラインは、京都市バスの車体デザインを採用。
  • また、ラインの上に市バスのイラストを描くことで
    市バスのイメージを強調。
  • 文字は、筆文字の要素を織り交ぜて構成。

【意匠考案者】

京都市立芸術大学美術学部

ビジュアルデザイン専攻(4回生【平成27年度】)

洲崎絵理氏

 

制服について

【コンセプト】

  • 観光客におもてなしの心を伝えるため、京都らしく、
    華やかで活動的なイメージ。
  • 色は京都市紋章をイメージし、紫と黄色で構成。
    和の素材が配色の強さをやわらげ、上品な印象に。

【意匠考案者】

京都市立芸術大学大学院美術研究科

ビジュアルデザイン研究室 滝口洋子教授